Archive RSS Login

前田紀貞建築塾 第8期ブログ

キャサリンが書いています。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 未分類  

今回は待ちに待った、8期生の第3課題の講評会の様子をお伝えします

第3課題「自然を受信する庭」
この課題では、いかに自然を捉え、それをどのように「受信」し、空間化するのかということが重要視されています。
その空間化する装置のことを、前田は「庭」と呼びます。とても原初的な空間、それが「建築」になる以前の「庭」ということなのです。
先の2つの課題とは少し趣の違う課題故に、塾生たちは苦労していました

この課題で設計演習のは終了となります!!
この半年の集大成を塾生たちはどのようなカタチで見せてくれるのでしょうか

さて、各塾生のプレゼンの様子を見てみましょう


① 藤田農
①

②
樹木が拾う都市の音を拡張し、樹木を通した都市の音によって地下空間(コンクリートの球体が数珠繋ぎになったような空間)を切り分けようという案

皆さんは、大木に耳をくっつけると、そこにかすかな音が聞こえる経験をしたことがあると思います。あれは、環境の音や木の中の水脈の音が混じったものなのです。今回の藤田案は、都市にある音が樹木に入ってきて樹木じたいの持つ音と混ぜられた、正にその音による庭を創ろうとしたものでした。

確かに、着眼点はとても面白く感じましたが、直接耳にした都市の音と比較して、樹木を通した都市の音がどのように素晴らしいのかが、明確に表現されていなかったのが残念でした
あと、球体のカタチが強すぎたせいか、イマイチ音によって空間が切り分けられているように感じられなかったのももったいない所でした


②松井周
③

④

鏡面仕上げの鉄板で2種類の菱形をつくり、組み上げることで工事現場の仮囲いをつくろうという案
構成じたいは、「ペンローズパターン」で作られています。ペンローズパターンとは2種類の菱形による構成です。これらの構成によれば、平面をくまなく充填することができます。しかし同時に、そこに周期性が無いのです。周期性が無いのに、ある「秩序感」が顔を出します。準結晶構造もこの方式です。
このパターンによって組み立てられた仮囲い(ある程度の奥行きがあります)、そしてその素材としてステンレスの鏡面を使用します。

そうすると、この仮囲いをとおして工事現場を見ると万華鏡を覗いたような不思議な見え方をします
全く工事現場を見ているような気がしない不思議さがあるのです
都市の中で何か(建築物)が生成する時のダイナミズム、それを自然と捉え、そのダイナミズムをよりアグレッシブな方法で都市に向かって放出した作品といえます。

工事現場=入力
万華鏡のような見え方=出力
この案は入出力のギャップが素晴らしく、そこに人を感動するのでしょう

この仮囲いがあれば、都市に対して完全に閉じてしまっている工事現場が街の風景を彩る庭になりえます


③吉川学志
⑧

⑦

自律応答型調光ガラスという、日光などの熱に反応して白濁し、自律的に調光するガラスを用いて空間をつくった案

環境の熱分布の変移、あるいは、人の体温によってガラスが白濁し、人が居たことが光として痕跡となるような方向に行けばすごく可能性のある案だと思っていたのですが、その詰めが甘かったようです

植物の成長によって日光の入り方が変化することを目指したようですが、この自律応答型調光ガラスの面白さは植物の成長のような長期スパンの変化ではなく、人の出入りのような短期スパンの変化と掛け合わせることで生きてくるものだと思います

素材は良かっただけに是非、再挑戦してもらいたいなと思います!!


④中山理紗

242px-Storm_glass.jpg


⑤
A0のプレゼンボードを5枚も用意されていました
プレゼンボードをしっかりとつくって来ただけあって、プレゼンの準備もちゃんとしてきたんだなという印象です◎

この案はストームグラスという天候によって、「内部の液体中に漂っている白い不純物が様々な姿形に結晶化するもの」を用いて、ストームグラスを通した都市をを見せる空間をつくっています

ストームグラスを通した都市はなんとも形容詞し難い、不思議な見え方をして面白いなと感じました

あえて言うならばストームグラスという面白い素材の力に頼って、建築的な検討があまりなされていなかったのが少し残念だったように思います
見つけた材料はよかったのですが、それを建築化する手法をもっと頑張ってほしかった、ということでしょうか。


⑤天久航一郎
⑥

無数の穴をランダムに空けた金属のポールを地面に沢山突き立てて風が通る度に、奇妙な音が周辺に響き渡るという案

彼のつくった音は実に奇妙でとても魅力を感じるものでありました

敷地は立ち入り禁止の浜辺に設定されており、その奇妙な音によって注意喚起をするというものです

これもまた、建築的な検討が不十分だったのが残念でした
どこにどのようなサイズのパイプが立っているのかを示す平面図計画があり、場所によってどのような音が聞こえるのかを明確に語るようなプレゼンテーションがなされていれば、もっとこの案の魅力が伝わったと感じます

⑤上村尚弘
⑨
海外旅行をした時に見た、洗濯物の風景に魅力を感じ、その魅力を拡張しようとした案

これもまた、着眼点自体は悪くないと感じましたが、提案が物干竿だけで留まっており、洗濯物の風景を劇的なものに変化させるようなものではなく、洗濯物の風景の調査結果報告会のようなプレゼンになってしまっていました

晴天の下、洗濯物が風に揺れている風景は気持ちのよいものだと思うので、もっとその気持ちよさをもっと増幅させるところまで踏み込んでほしかったと感じます

以上、プレゼンの様子でした





続いて、第3課題「自然を受信する庭」の受賞者を発表します!!


まず、優秀賞は。。。
中山理紗!!
[広告] VPS


そして最優秀賞は。。。
松井周!!!!
[広告] VPS


この二人の案は深く印象に残るものでありました

中山理紗は、多少ロマンティックな傾向はあったものの、とにかく自分の世界観を呈示しようという想いの強さが評価されました。塾長は言います。最初は多少の不足は全く問題ないんだ、と。それよりも、誰にも無い自分だけの世界を大切にする気持ちこそが評価されるべきだと。

松井周の案は、見えてくる世界で人を感動させるのはもちろんのこと、都市の中で風景としてはマイナスイメージのある工事現場にスポットを当てたこと、たった2種類の菱形による構成のため、実際の製作に置いてもリアリティがあること等、様々な面においてスマートに対応できている素晴らしい案だったと思います


この課題で6ヶ月に及ぶ、前田紀貞建築塾 8期生は終幕です
塾生にはこの間に得たことを今後の人生の糧として生きていってもらいたい!!

特に8期生は団結力のあるメンバーであったと思います
また、皆でひょっこり顔を出しに来てほしいものです

では最後に、受賞作品の動画で締めたいと思います

優秀賞
中山理紗の作品『「まだ なまえもない まち」へ』
[広告] VPS


最優秀賞
松井周の作品『Fragment Screens』
[広告] VPS




前田紀貞アトリエ 松下健太

スポンサーサイト


Category: 未分類  

4/13 建築塾の様子をお伝え致します!!

卒業設計コース

4/20の8期生の講評会にあわせて、卒業設計をプレゼンする岩永
今回は最後の仕上げといったところでしょうか

①
前田塾長の熱心な指導が入ります

②
前田塾長自ら、ペンでプレゼンシートに赤入れをしていきます

③
4/20のプレゼン時では万全の状態で臨んで頂きたいものです


設計演習コース

設計演習
講評会1週間前ですが、進み具合はイマイチな感じです。。。
可能性を感じたものを2つ程、紹介致します

photo2-3.jpg
自律応答型調光ガラスを使う案

自律応答型調光ガラスとは夏の暑い日などには白濁状態となって日射を遮り、寒い冬の日や曇りの日などには無色透明を維持します!!
日射のエネルギーに応じて自動的に可変する不思議な硝子なのです

このガラスは日光、つまり熱に反応して白濁するので、人が触れた体温にも反応します
この案はガラスの性質を利用して、人が居た痕跡が光として残る空間を作ろうとしています



300px-Pen0305c.gif
ペンローズ・パターンを用いた工事現場の囲いの案

④

ペンローズ・パターンとは、イギリスの物理学者「ロジャー・ペンローズ」が考案した二種類の菱形によって、平面埋め尽くすというパターンです!!
正多角形で平面を埋め尽くそうとした場合、周期的なパターンが現れてしまうのですが、ペンローズ・パターンは他の平面充填とは違い周期的なパターンがないため、平面を埋め尽くそうとすると非周期的な並べ方が強制される非周期的平面充填の一種なのです

この案では、鏡面仕上げの鉄板で2種類の菱形をつくり、それらをペンローズ・パターンの要領で、上の写真のように組み上げることで仮囲いをつくろうという案です

工事現場が万華鏡のように映って、美しい風景が見えて来そうでワクワクしますね


建築論

鈴木大拙

鈴木大拙は大乗仏教の基本である般若経系思想の論理として、金剛経の

「仏説 【般若波羅蜜多】、即 非【般若波羅蜜多】、是名【般若波羅蜜多】」という表現に着目し、

これを「仏説【A】、即 非【A】、是名【A】」(Aは(即)非Aである、故にそれはAである)と、公式化しました


この公式をもう少し分かりやすくすると、
【AがAである】のは【A】が即【非A】であるからである」と、なります

つまり、【A】 = 【非A】ということなのです

普通の感覚で捉えると「矛盾」しているとしか思えません

しかし、この「矛盾」というのは東洋哲学の肝なのであります!!

「矛盾」を悪とし認めないのが「西洋」、「矛盾」をそのまま受け入れるのが「東洋」ということになります。


東洋思想においては「真実の私(自己)というものは、汚れた私(自我)を捨てることによって浮かび上がって来るもの」という、矛盾を受け入れるような考え方をするわけです

真実の私(自己)それは誰しもが生まれながらに持っているものなのですが、世の中を生きていくなかで、知らず知らずのうちに、汚れた私(自我)という泥にまみれて見えなくなっているだけなのです


鈴木大拙はそのような東洋思想を説明する為に【A】 = 【非A】
つまり、「肯定」と「否定」とがそのまま自己同一であるという「即非的自己同一」を提唱しました


矛盾した(ように見える)ことがらも、実は表と裏の関係にあり、自己同一と見なせるとしたのです





前田紀貞アトリエ 松下健太


Category: 未分類  

4/6の建築塾は課外授業として、前田紀貞アトリエの新作であるTORUSのオープンハウスへ参加してきました

0

①
窓のほとんどない外観とは裏腹に内部は非常に明るく、外よりも外らしい

601039_433309793415165_1214802877_n.jpg
外壁はモルタルの不陸と、コテ荒らしによる仕上げ

555841_447424825336995_436752172_n.jpg
吹き抜けまわりの内壁はアトリエスタッフと塾生によるセルフビルド、ラーチ合板を削って浮造を施し、そのうえから荒く塗装をして仕上げています

②

④
塾生たちはTORUSの空間を堪能しつつも、運営側のスタッフとしてお手伝いしてくれました


③
トップライトから、さんさんと日光が差し込みます

⑤
急に雨が降り出しました!
天候の変化で随分と空間の印象が変化します

⑥
トップライトに残る雨の跡もまた美しいのです



■TORUSプロジェクトの詳細は、以下、「前田紀貞の建築ブログ」参照
http://norisada.at.webry.info/201304/article_1.html
■flickr画像
http://www.flickr.com/photos/nmaedaatelier/sets/72157633198125721/detail/


前田紀貞アトリエ 松下健太


Category: 未分類  

3/30 建築塾の様子をお伝え致します


卒業設計コース
①

②

設計演習コースの第3課題のプレゼンに合わせて卒業設計をプレゼンしなおすため、プレゼンシートのまとめ直し中です

プレゼンシートのデザインやレイアウトだけでなく、細かい言葉の使い方にも前田塾長から直々の指導が入ります

卒業設計ともなると内容も複雑化してきます
複雑なものをより分かりやすく表現することは中々、難しいことですがギリギリまで拘り抜いてもらいたいです


設計演習コース

設計演習
③

エスキスはあと残り2回となりましたが、課題の進み具合は危機的状況
前田塾長も思わず険しい顔をしておりました

皆それぞれにネタは持ってくるのですが。。。
・実際に想定通りに自然を受信することが可能なのか?
・最終的な成果物としてどんな空間を作りたいのか?
上記の2点に疑問が残ります
この2点はこの第3課題の肝とも言える部分、プレゼンでは明快に語ってくれることを期待します


建築論

仏教的否定の論理

まず初めに、みなさんへ【私=豚】は成立しますか?
という質問をしてみます

普通はみなさんNO
【私=私】と答えるでしょうね

仏教的否定の論理の思想では【私=豚】さえも許容してしまうのです
今回はそのことについて説明していきます!!

私
私たち人間の身体は分子レベルで見るとC(炭素)/H(水素)/N(窒素)/O(酸素)から構成されています。
人間は食事をし、排泄をするため上の図のように、細胞は日々入れ替わっています

現在の私を構成する分子は1年後ににはすっかり入れ替わってしまっているでしょう


128807102258916121675.jpg

続いて、この分子の入れ替わりを俯瞰して見てみましょう
私たちの排泄物は海まで流れ着いて、蒸発し雲となりその後、雨となって、地面に降って土に吸収されます。
そして、その土で育った飼料(トウモロコシなど)を家畜(豚など)が食べ、さらにその家畜を私たち人間が食べるという分子の入れ替わりの循環ができあがっているのです

人間の内部だけでなく、この世のあらゆるものとの間で、分子のやり取りがあるのです
ここから、この世には何一つとして、確固たるものなどないことがわかります


私というものが確固たるものではないことが分かったわけですが、それでもみなさんは【私=私】に固執しますか?

【私≠私】
つまり私自身を否定して【私=海=土=豚】といった他の可能性に目を向ける方がずっと豊かではないでしょうか?

仏教的否定の論理の根本にはこのような思想があるのです




前田紀貞アトリエ 松下健太






Category: 未分類  

西洋哲学2000年のおさらい

3/16 建築塾の様子をお伝え致します!!


卒業設計コース
学内、せんだいへの出展を終えた岩永陽輔
①

一応、作品を公に出す機会は終了しましたが、さらにブラッシュアップをし、設計演習コースの第3課題の講評会の際にプレゼンする事になりました

その為にストーリーの再構築、プレゼンシートの作り直し等、やる事は山ほどあります
プレゼンの際には溜まりに溜まったフラストレーションをぶつけてくれる事に期待しています


設計演習コース

設計演習
各人、進捗状況をプレゼンしますが、今週は全体的にあまり進んでいない印象です
②

やはり先週ご紹介した案に魅力を感じます


326.jpg

天気によって、液体中の不純物の様子が変化するストームグラスを使用する案

stormsetumei2.jpg


上の絵のように天気によって不純物の様子が変化すると言う事は、天気によってストームグラス内に入ってくる光の反射の具合が変化するという事です!!

このストームグラスが光をコントロールする装置として成立させる事ができれば、道が開けそうです

天気が悪い(光が少ない)時ほど、不純物が大きな結晶をつくる(光を多く反射する)ことがミソな気がしています


樹木を周辺(都市)の音を集める集音器とする案

場所ごとに異なった音を集める樹木を拡張することで、均質な空間を音によって切り分けようとしています

実際に代々木公園にて樹木に集まっている音を録音してきていました!!


微妙な違いは分かりますが、劇的な違いがあまりない。。。。

本当に樹木ごとに、劇的に違う音が集まっているのか?という証拠探しがとても大変そうです

あと、音の増幅装置にも工夫が必要そうです♬
機械的になりすぎてはつまらないので !


建築論
ー西洋哲学2000年のおさらいー

これまでの2000年間の西洋の哲学は、ほぼ形而上学(固体的・形式的)でしが、その後20世紀あたりから形而下学(流体的・非形式的)も見られるようになりました!!

まず「ギリシア哲学」からです!

プラトン:固体の哲学の創始者
イデア論の元祖
プラトンはどんなものにも究極の理想型(イデア)があると考えました
そしてそのイデアこそが真実の実存であるとし、イデア以外のものはイデアの模倣に過ぎない不完全な存在であるとしたのです

イデアは不完全な人間の「感覚」では捉えられず、「理性」によってのみ捉えられるとされました
こうして、プラトンは経験主義のような人間の感覚や経験を基盤に据えた思想を否定したのです。。。

要約すると、人の「感覚」は不完全で信用できない
よって自分たちが目しているものは全て嘘っぱちである
ということは、すべてのものの背後には自分たちの「感覚」では捉えきれない究極の理想型(イデア)が存在するに違いないという思想です!!

つまり、プラトンの哲学は人間の感覚を排除したガチガチの固体的な哲学といえます


アリストテレス
アリストテレスは師のプラトンのイデア論を引き継ぎながらも、「イデアが個物から離れて実在」するという考えを批判しました!!

イデア論とは区別して、世界で起こる現象には形相因と質料因があるとしました
・形相(エイドス:イデア的なもの)因:そのものの実体であり本質
・質料(ヒューレー)因:物事が何でできているか

と箇条書きにしても全く分かりませんね
形相と質料は「蜜蝋の刻印」と「蜜蝋」の関係(背後の摂理とそれを実現する素材の関係)と言われています
これでもあまり馴染みがないので分かりにくいです
言い換えると「ハンコ」と「朱肉」の関係です
0534.jpg


ハンコは何かしらの紋様を持っていますが、それだけでは何も意味をなしません(形相)、朱肉(質料)があってはじめて紋様を示し、意味をなす事ができるのです!!

つまり、アリストテレスはプラトンのように自分たちの目にしているものは全て嘘っぱちだとは考えず、すべてのものが「本物」になる可能性を持っているが、「質料」を持たない為に純粋な「形相」として存在していると考えたのです

アリストテレスによってガチガチの固体的な哲学が少し流体的になってきました

つづいて
ー形而上学の特色ー
きわめて形式的な思考をし、矛盾を許さず、ただひとつの心理を求めようとします

・A=A
Aは常にAであり一切の矛盾を許さない、つまりX=AとX=notAの共存を許さないということ
例えば、男は男、女は女ということしか認めないのです
男にも女性的な部分、女にも男性的な部分があるいう事実に対しても矛盾としてフタをしてしまいます

・ロゴス中心主義
話言葉、書言葉は透明に概念を伝達できるという確信がありました
話言葉、書言葉は(内容を透明に伝える)道具に過ぎないとされてきたのです
しかし、話し方で言葉の意味は変わってしまいます(動物のブタと他人を罵るブタ!!)この事実にもフタをしてしまいます!!

・現実を説明し尽くそうという「知の体系」
デカルト:
今いる世界の中で疑いようのないものとはなにか?
もしかしたら、今いる世界は夢かもしれない
そのようなことを考えている自分だけは疑えない→コギト

ヘーゲル:
世界を言葉によって説明し尽くそうとした!


つまり形而上学は言葉が先行していて世界の、言葉では語りきれない部分については無頓着だったのです


次回からは形而上学の批判の歴史について講義が進んで行きます!!


前田紀貞アトリエ 松下健太


11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10   12

プロフィール

田中キャサリン由美

Author:田中キャサリン由美
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。