Archive RSS Login

前田紀貞建築塾 第8期ブログ

キャサリンが書いています。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 未分類  

内容と表現

長期出張により田中キャサリン由美がblogを更新することが難しくなったため、1月分ほど間が抜けてしまいますが、今回からピンチヒッターで第7期のTAだった松下健太(マツケン)がお送りします

今回は3/9 建築塾の様子をお伝えします!!

設計演習
第2課題のプレゼンも終わり、本日は第3課題「自然を受信する庭」の初回エスキスです!!

各人、いくつか案を発表しました

その中で魅力を感じたものを2つほど挙げます

242px-Storm_glass.jpg
■「ストームグラス」と呼ばれる19世紀にヨーロッパにおいて航海時、使われていた天気予報の道具を利用して天気を受信する庭をつくり出そうという案
「ストームグラス」は天気によって、液体の中の不純物が模様として現れたり、不純物の量が増減したりするようです
画像だけでも、とても不思議な印象を受けますね
実際に動いている状態を見てみたいものです!!

注目したものは面白いだけに、これを種としてどのような空間を創造してくれるのか楽しみです


08seya.jpg
■樹木に響く音を増幅させるという案
皆さんは樹木に耳を当てて音を聴いた事があるでしょうか?
そうした時に聞こえる音は、いままで樹木の中に流れる水の音などと言われて来ていましたが、最近では枝が風に揺れる音、車の振動等「周囲の音」を樹木が拾っている音であるという事が明らかになって来たらしいのです

つまり、樹木がアンプのような働きをしていると言えます

樹木の周りの状況や樹木自体の太さや枝振り等によって響く音に差異が生まれるのではないでしょうか?
視覚的にではなく、聴覚によって空間を認識するという新しい可能性を感じます!!


これ以外にも塾生が考えて来た案はたくさんありましたが、全体的に抽象的になりがちで、どの「自然を扱おうか?」という事に終始しがちでな印象でした。
もちろん扱う「自然」の面白さも重要ですが、それよりも自分が扱おうと決めた「自然」にどのような手法で新しい視点を与えるのか?を考える事に時間を使った方が面白い提案ができるのでは?と思います


建築論
■内容と表現

通常、私たちの感覚では「内容→表現」の順序である事柄は表面化されると考えます
しかし、脱構築(デコンストラクション)主義ではその逆「表現→内容」を問われます
つまり「表現」の仕方によって事柄の意味合いつまり「内容」は変化するという事です!!

例えば、「豚」ただ単に「ブタ」というのと「ブタッッ!!」と言うのでは内容に差異がありますね
    「やめてっ!」と「や・め・て」も違います ☆


さて、ここで皆さんに質問があります
「四つ足のオオカミ系のペット動物ってなーんだ?」と聞かれたらなんと答えますか?
十中八九「イヌ」と答えるでしょう。
しかし、それも「四つ足」「オオカミ系」「ペット」という他の動物との差異(相対性)が先にあって、後からそういう動物に「イヌ」という名前がついただけなのです

つまり、言語とは決して絶対的なものではなく、相対的なものであると言えます

前田塾長は常々、塾生や学生に「後付けコンセプト大歓迎」と言っています
(前田塾長のblog 〜後付けコンセプト大歓迎〜 http://norisada.at.webry.info/200606/article_2.html )

どんな建築をつくろうかと考えるとき、コンセプトを置き去りにして空間・形態のイメージが膨れ上がってくる事があります
そして、そのイメージを形にして眺めてみる事で事後的に、コンセプトが生成される。
このような順序も全然アリだと言っているのです
このBlogの内容は今回の建築論の内容とリンクしますね!!


前田紀貞アトリエ 松下健太

スポンサーサイト


04-2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

03   05

プロフィール

田中キャサリン由美

Author:田中キャサリン由美
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。