Archive RSS Login

前田紀貞建築塾 第8期ブログ

キャサリンが書いています。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 未分類  

3/30 建築塾の様子をお伝え致します


卒業設計コース
①

②

設計演習コースの第3課題のプレゼンに合わせて卒業設計をプレゼンしなおすため、プレゼンシートのまとめ直し中です

プレゼンシートのデザインやレイアウトだけでなく、細かい言葉の使い方にも前田塾長から直々の指導が入ります

卒業設計ともなると内容も複雑化してきます
複雑なものをより分かりやすく表現することは中々、難しいことですがギリギリまで拘り抜いてもらいたいです


設計演習コース

設計演習
③

エスキスはあと残り2回となりましたが、課題の進み具合は危機的状況
前田塾長も思わず険しい顔をしておりました

皆それぞれにネタは持ってくるのですが。。。
・実際に想定通りに自然を受信することが可能なのか?
・最終的な成果物としてどんな空間を作りたいのか?
上記の2点に疑問が残ります
この2点はこの第3課題の肝とも言える部分、プレゼンでは明快に語ってくれることを期待します


建築論

仏教的否定の論理

まず初めに、みなさんへ【私=豚】は成立しますか?
という質問をしてみます

普通はみなさんNO
【私=私】と答えるでしょうね

仏教的否定の論理の思想では【私=豚】さえも許容してしまうのです
今回はそのことについて説明していきます!!

私
私たち人間の身体は分子レベルで見るとC(炭素)/H(水素)/N(窒素)/O(酸素)から構成されています。
人間は食事をし、排泄をするため上の図のように、細胞は日々入れ替わっています

現在の私を構成する分子は1年後ににはすっかり入れ替わってしまっているでしょう


128807102258916121675.jpg

続いて、この分子の入れ替わりを俯瞰して見てみましょう
私たちの排泄物は海まで流れ着いて、蒸発し雲となりその後、雨となって、地面に降って土に吸収されます。
そして、その土で育った飼料(トウモロコシなど)を家畜(豚など)が食べ、さらにその家畜を私たち人間が食べるという分子の入れ替わりの循環ができあがっているのです

人間の内部だけでなく、この世のあらゆるものとの間で、分子のやり取りがあるのです
ここから、この世には何一つとして、確固たるものなどないことがわかります


私というものが確固たるものではないことが分かったわけですが、それでもみなさんは【私=私】に固執しますか?

【私≠私】
つまり私自身を否定して【私=海=土=豚】といった他の可能性に目を向ける方がずっと豊かではないでしょうか?

仏教的否定の論理の根本にはこのような思想があるのです




前田紀貞アトリエ 松下健太





スポンサーサイト


LEAVE
'A'
COMMENT






10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09   11

プロフィール

田中キャサリン由美

Author:田中キャサリン由美
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。